矯正治療

【混合歯列期の治療】

永久歯と乳歯の混ざった時期の治療の事です。上下の骨格の前後的、垂直的、左右のズレや歯の並ぶスペースの足らない患者さんに対して顎の成長を利用できるこの時期に骨格のズレを解消し、またスペースを広げてあげる手助けを行います。またこの時期に治療後の歯並びの安定に悪影響を与える悪習慣を改善する指導も行います。基本的にとりはずしの出来る装置で治療を進めていきます。


【永久歯の矯正治療】

固定式の装置を装着し歯並び及び咬み合わせを整えていきます。顎の大きさに対して歯が大きすぎる場合、ケースによって抜歯する事もあります。当院では極力抜歯を少なくする為デーモンシステムやクリッピーなどのセルフライゲーションシステム(歯にワイヤーを結紮しないブラケットを使用します)を使用しています。
また治療中御自身で着脱していただく顎間ゴムも使用していきます。


【保定】

動的治療終了時には歯列も整いきっちりと咬むようになっていますが、まだ歯列周囲の骨、歯周組織は安定せず元の位置に戻ろうとしますので、固定式装置除去後は必ずリテーナー(保定装置)を使用し、咬合を安定させなければいけません。リテーナーを正しく使用しないと歯の後戻りが発生し、治療が無駄になってしまう事もあります。


【矯正治療開始時期について】

開始年齢によって治療の効果は違うため、効率的に矯正治療を行うには、治療の開始時期が重要となります。

 

  • 不良習癖がある場合
  • 顎骨の発育に問題がある場合
  • 歯牙の萌出に問題がある場合
  筋機能
顎口腔機能改善
あごの骨
骨格 改善
歯の位置
歯列 改善
口元 改善
子供の1期治療
部分的な矯正
開始年齢:5から9歳
○~△
子供の2期治療
(1期治療後、2期治療に移行)
開始年齢:12歳前後
○~△
全体的な矯正
開始年齢:12~50歳
期間:約2年
△~○ △~×
外科的矯正治療
開始年齢:17歳以降
期間:1.5~2年

【矯正治療費のご案内】

1,初診相談 無料
(大体の治療の流れだけの説明となります。より詳しいお話をしたい場合はレントゲンが必要となります)

 

2,咬合精密検査(治療費に含まれます)
(口腔内写真、X線撮影、模型制作、診断及び治療計画の立案)

3,矯正のための抜歯
 1本 \5,250  難抜歯 1本 \10,500


4,矯正治療費

子供 A) \367,500 1期治療(乳歯、混合歯列期前期治療)
B) \420,000 2期治療(1期治療後、永久歯の治療が必要な場合)
※子供の場合でもすべて永久歯に生えかわっている場合、大人料金になります。
大人 外側の装置 A) \735,000 デーモン3 クリッピーC
裏側の装置 B) \1,102,500 ハーフリンガル上が裏側、下が白いブラケット
C) \1,260,000 リンガル 見えない装置、歯の裏側につけます。
マウスピース矯正 D) \315,500~
\525,000
アクアシステム(クリアライナー) ブラケットワイヤーを使用しない方法で部分矯正に向いています。
インプラント矯正 E) \52,500~
\73,500(アンカー1本)
矯正の固定源として利用します。

※当院では基本的に、前歯にメタルブラケットは使用しておりません。


5,毎月処置料
矯正装置装着後、毎月お支払いいただきます。
\1000~\3000  裏側のみ \7350